うちわと中世まで

夏の暑い日には、特に気軽に使えるうちわを利用している人は多いのではないでしょうか?イメージとしては、そこまで歴史があることも知らず、気軽に利用している人もいるでしょう。ですが、うちわの歴史は実は長いのです。最も古いものは、古代中国の記録や古代エジプトの壁画でもみることができ、日本ではなく海外でも使われていました。その時代は、今のように家電製品が発達してないので、暑さをしのぐ道具としても利用されていましたが、貴族などのお金持ちの間では、より力を持っているという証も含めて権威の道具としても使われてきました。そして、日本では、中国やエジプトの古代の時代より少しあとの時代にうちわが使われていました。縄文時代にはまだ発見されていないのですが、ちょうど弥生と古墳時代に利用していた木製ものを利用していたのです。そこから時代はどんどん進む事に日本の中でも威厳を保つ道具として使われる時代がやってきました。大型のものや豪華なものまで作られるようになっています。構造は中心に柄と一体である棒を通し、扇部分はふちを枠によって素材を固定する方法がほとんどでした。中世までは威厳を保つものとして利用をされてきた部分が多いです。そして、最初は何もついていない木製のものからどんどんと進化し、オシャレで豪華になるように工夫がされているのが特徴にもなります。今の時代のうちわも様々ありますが、この頃からうちわはあったのです。

うちわと近世まで

うちわは、中世時代のあとも、どんどん進化を続けています。まず、材質なども木の場合だと、使っていくうちにボロボロになりやすく弱かったために、竹などを利用し、補強するようになりました。普通の木の素材よりも竹は丈夫ですので、軽いだけでなく、壊れにくい構造にもなっています。あとは、竹の他にもビロウを利用して骨として使い、その上から紙を貼って作成していまし・・・

うちわと近代

うちわは江戸時代から、どんどん庶民に普及され始め、使っている人がいるのは当たり前の時代になりました。さらに明治時代になると、広告のうちわが登場してきました。高価なうちわではなく、安い原価で作られたうちわを、アメリカでは鉄道会社などが客に配りました。今の時代でも大手の会社が自分の会社のロゴなどを入れて、夏のお祭りの時期に配っていますが、その原・・・

うちわの用途と機能

歴史的にみても、現在のうちわの形が出来上がるまで、さまざまな進化を遂げているのですが、その歴史というのは古代や日本では弥生時代から始まり、とても歴史が長いものになります。そして、今の時代の用途といえば、扇風機やクーラーの普及により、日常的に毎日使うことがなくても少し厚いときに気軽に使えて、外で暑いときにも電気も必要なく利用できるので、夏にな・・・